スポンサーリンク

【ディプティック/香水】ローデゼスペリードの香りと似てる香水口コミ

Diptyque
記事内に広告が含まれています
スポンサーリンク

こんにちは ぽむラボです

ローデゼスペリードはDiptyque(ディプティック)の香水です

夏にピッタリな香水が欲しい!

という方必見です

この記事で分かること

・ローデゼスペリードの香りの特徴

・付けてみた感想

・どんな人/シーンにおすすめか

・似てる香水2選

・持続時間

柑橘系の香りの香水を探している方

是非参考にしてみてください

Diptyque(ディプティック)

ディプティックは、1960年代のパリのサン・ジェルマン・デ・プレ地区にて誕生したブランド

芸術性と自然の調和があり、独創的で洗練されている雰囲気

パウダリーな香りが多い

それぞれの香りが持つストーリーを感じることができるのも、ディプティックならではの魅力

他のDiptyqueの記事はこちら

L’Eau des Hespérides(ロー デ ゼスペリード)

簡単な紹介

2008年に発売された香水

ユニセックスに使いやすいアロマティックな香水

調香師はオリヴィエ・ペシュー

どんな香り?

ローデゼスペリードはフレッシュで爽やかな香り

トップノート:ビターオレンジ、グラス、プチグレイン、マンダリンオレンジ、ローズマリー、レモン、キャラウェイ、ペッパー

ミドルノート:ミント、フローラルノート

ラストノート:イモーテル、ムスク、シダー

爽やかな柑橘

はじめは、ハーブとオレンジのジューシーな香り

搾りたての新鮮な果実みたいな爽快感

そのあとはフローラルノートが顔を出し、甘さと清涼感が絶妙にブレンドされます

最後はウッディな香りが残り、全体を締めくくります

使ってみた💬

選んだ理由🌿

新鮮な果物の香りが好みだったから!

ユニセックスで使いやすい清潔感

他の香水と比べてフレッシュさが際立っていて、夏の日差しの下でも爽快に過ごせるのが魅力

初夏の陽気

とても爽やかで、少しピリッとしてる

透き通った水にうつる柑橘と草、ハーブ、お花

使い始めはかなり強めのハーブっぽい香り

柑橘系の香りもとても力強いです

少し薬っぽい

少しずつ落ち着いてきて柔らかい香りになります

周りから清潔感があると思われそうな、明るくフレッシュな香り

重ね付けするなら、ディプティックのお花系の香水が相性抜群

見た目👀

エレガントでクラシカルなボトルデザイン

楕円形のボトルは

手にしっくりと馴染みます

黒いキャップとラベルの組み合わせが、シックで洗練された雰囲気です

ディプティック特有のモノクロのラベルが、どこかノスタルジックな印象

ドレッサーやバスルームの棚に置くと、アートピースのように映えます

シンプルでありながら存在感があり、どんなインテリアにも調和します

特にシンプルなデザインの家具と合わせると、美しさが一層引き立ちます

香水コレクションの中でもひときわ目を引く一品に✨

おすすめな人👶🏻

爽やかでフレッシュな香りが好きな人にぴったり

特に、アクティブでフレッシュな雰囲気になりたい方におすすめ

男女ともに使いやすいです

誰にでも好印象を与えられる香り

ウッディやスパイシーな香りをいつもつけてる方はいまいちかも

おすすめシーン🌟

夏のアウトドアやカジュアルなデイリーシーンにぴったり

ビジネスシーンでも清潔感をアピールできるので、オフィスで活躍すること間違いなし

夏の暑い時期につけるのが特におすすめ

シャワーから出たばかりのような涼しい気分になれます

夏の香水の付け方について詳しくはこちら

似てる香水2選

Diptyque – Oyedo

ひとつめは、ディプティック オイエド

シトラスアロマティックの香り

落ち着いていて、少し個性的

ローデゼスペリードの方がより明るい雰囲気

詳しくはこちらへ↓

Hermès – Eau d’Orange Verte

ふたつめは、HERMES オードランジュヴェルト

シトラスの美しいフレッシュな香り

少し甘いフローラルな香りです

夏にピッタリ

ローデゼスペリードの方がさわやかな香り

香りの持続時間

持続時間は3-5時間ほど

香りが時間とともに大きく変化するのが魅力

手首や首筋、そして服の内側に少しスプレーするのがおすすめ

ボディローションと一緒に使うと香りがやわらかくなります

ふわっと香らせるコツはこちら↓

まとめ

ローデゼスペリードフレッシュで爽やかな香りです

ぜひ使ってみてください

他のDiptyqueの記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました