スポンサーリンク

【オウパラディ/重ね付け】フルールとサボンの組み合わせ。やり方も徹底解説

AUX PARADIS
記事内に広告が含まれています
スポンサーリンク

こんにちは!ぽむラボです。

重ね付けはレイヤリングとも呼ばれるもので、数種類の香水を同時に使ことです。

重ね付けして変な香りにならない?

という方必見です

この記事では、AUX PARADISのフルールとサボンの相性について解説していきます

この記事で分かること

・重ね付けのメリット・デメリット

・フルールとサボンの重ね付けの相性

・重ね付けするとどんな香り?

・プッシュ回数・つける場所

フルールとサボンの重ね付けの相性が知りたい方、重ね付けについてちょっと気になる方

是非参考にしてみてくださいね!

重ね付けのメリット・デメリット

重ね付けとは、数種類の香水を同時に体にまとうこと

重ね付けをするメリット

・香水のマンネリ化を防ぐことができる

・自分だけの新しい香りをつくれる

重ね付けをするデメリット

・プッシュ数が多くなってしまい、香水の香りがきつくなってしまう

・香りの相性が良くないと嫌な香りになってしまう

この記事では香りの相性とプッシュ数についてもしっかり紹介します

フルール・サボンの香り

Fleur(フルール)

AUX PARADIS フルールは、優しくすっきりしたお花の香りの香水

Savon(サボン)

AUX PARADIS サボンは、さわやかな香りの香水

重ね付けの相性

香水の重ね付けは同じ香料・相性の良い香料が入っていると失敗しにくいです

同じ香料

フルールの香料

ネロリ、レモン、ベルガモット

ラベンサラ

アンバー、ムスク

サボンの香料

ラバンディングロッソ(ラベンダー)、レモン

バジル

ムスク

→同じ香料はレモンムスク

相性が良い香料

‣ネロリとレモン(合わせるとやわらかな香りに)

‣ベルガモットとラバンディングロッソ(どちらも上品な香り)

‣ラベンサラとバジル(どちらもハーブ系)

‣アンバーとムスク(どちらも甘く魅力的な香り)

この4組は香りの相性が良いです!

つまり..

同じ香料が2組、相性の良い香料が4組とフルールとサボンの相性はとても良いです

重ね付けしたらどんな香りになるのか早く知りたい方はこちら

相性の良い香料について以下で詳しく紹介してます↓

詳しい香りの相性

ネロリとレモン

トップノートのネロリとレモンの相性はとても良いです。

レモンの清涼感にネロリの上品な香りが重なって、やわらかな香り

ベルガモットとラベンダー

ベルガモットとラベンダーの相性もとても良いです。

ラベンダーと甘みのある香料は相性が悪く、濃厚になってしまうこともあります。

しかし、すっきりとした香りのベルガモットはラベンダーと相性の良い香りです!

落ち着いたラベンダーの香りに気品のあるベルガモットの香りが似合います

ラベンサラとバジル

ラベンサラとバジルはどちらもハーブ系同系統なので相性が良いです

ラベンサラはマダガスカルが原産の香りがする葉で、甘くスパイシーな香りが特徴的です!

バジルのさわやかな香りと重なるとすっきりとした香りになります

合成ムスクとアンバー

ムスクはもともとジャコウジカから、アンバーはマッコウクジラからとれる香料です。

どちらも動物からとられていた、甘く魅力的な香りをしているためとても相性が良いです

重ね付けしたらどんな香り?

結論:お花と石鹸のやさしい香り

重ね付けをすると、より優しい印象の香りになります

サボンのさわやかな香りがフルールの花の香りと混ざりあいます

トップノートはネロリとレモンが重なった上品で落ち着いた香り

ミドルノートにはさわやかで清涼感のあるラベンダーの香り

ラストノートは甘い香りに移り変わっていきました

春夏にピッタリ

優しくさわやかな香りなので、少しずつ暖かくなっていく春夏におすすめ

あと、個人的にフルールの香りの持続時間がサボンよりも短い気がします

この重ね付けをするときは、つけなおしのためにフルールだけよく持ち歩いてます

春夏の香水のつけ方について 詳しくはこちら

つける場所とプッシュ数

つける場所

フルールもサボンもオードパルファムなので、持続時間は長くしっかり香ります

太ももや足首、ウエストなどの体の下の部分につけるのがおすすめ

長い時間ほのかに香らせることができます

香水は体温が高い場所ほど強く香ります

強く香らせたい場合には、血管が通っている場所につけるのがおすすめです

プッシュ数

プッシュ数は合計で3回がおすすめ

体温の高い方はプッシュ数を減らして合計2回がおすすめ

また、それぞれの香りの特徴を生かして回数を変えるのも◎

フルールの優しく甘い香りを強く出したい場合

フルール 2回 サボン 1回

サボンのさわやかな香りを強く出したい場合

フルール 1回 サボン 2回

香りが混ざらないよう、それぞれの香水は違う場所につけるのがポイント

ふわっと香らせる付け方はこちら

まとめ

フルールとサボンは重ね付けをすると、やわらかな香りになります

また、この記事ではプッシュする場所と回数についても詳しく解説しました。

香りが強くなりすぎないよう注意しながら、重ね付けを楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました