スポンサーリンク

Nishane『ナンシェ』:香りの変化と使い心地の口コミ大公開!

Nishane
記事内に広告が含まれています
スポンサーリンク

こんにちは ぽむラボです

ナンシェはNishaneの香水です

パウダリーな香水が欲しい!

という方必見です

この記事で分かること

・ナンシェの香りの特徴

・付けてみた感想

・どんな人/シーンにおすすめか

・持続時間

フローラルな香りの香水を探している方

是非参考にしてみてください

Nishane(ニシャネ)

Nishaneは1人1人に寄り添った、個性的な香水を出しているブランド

フレグランス以外に、ヘアミストやボディミストも売ってるみたい

フレグランスと同じ香りのもあるよ!

気に入った香りで、全身好きな香りに◎

Nishaneの他の香水はこちら

Nanshe(ナンシェ)

簡単な紹介

2020年に発売された香水

アンバーフローラルのフレグランス

調香師はセシル・ザロキアン

特異な香りの組み合わせで、多くの香水愛好家に評価されています

どんな香り?

ナンシェはパウダリーなお花の香り

トップノート:キャロットシード、カルダモン、ユズ、ベルガモット

ミドルノート:ローズ、フローラルノート、ウォーターフルーツ、ジャスミンサンバック、イランイラン

ラストノート:パウダリーノート、オリス、サンダルウッド、ムスク、パチョリ

パウダリーなバラ

はじめは、カルダモンのスパイシーさが際立ちます

アロマティックで独特な香り

酸味のある柑橘類も、少しフレッシュさを加えています

少しずつフローラルノートが香り、フェミニンな香り

ローズが中心にあって、上品な香りです

最後は、滑らかなパウダリーノートが肌に溶け込んでいきます

使ってみた💬

選んだ理由🌿

独特な香りの組み合わせが好きだったから!

非常にユニークで、

どこかミステリアス

一振りで長時間持続するため、コストパフォーマンスも◎

現代人のためのパウダリー

エキゾチックな庭園を歩いているような気分に

煮込んだジャムのような甘いローズが、スパイスや柑橘と調和しています

最初は少しキツめのスパイシーなローズの香り

しばらくするとクリーミーな香りに変化していきます

試すときは、少し待つのがポイント

とても心地よく、少し刺激的な香りになります

少しヴィンテージな雰囲気があるので、CHANELのNo.5が好きな人におすすめです

私は1時間くらいたった時の、滑らかでクリーミーな香りがお気に入り

ムスキーな香りも少しあって、芸術的

全体的にパウダリーなローズの香りですが、爽やかなアクセントがあるのでパウダリーに傾きすぎていません

「上品」な範囲におさまっています

個性的で自信に満ちたイメージになれそうな香り

この香水をつけて、エドワード・バーン=ジョーンズの「黄金の階段」をイメージしました

あまり知られていない作品ですが、華やかで神秘的な雰囲気がナンシェの香りとよく似てます

重ね付けするなら、軽めのフローラル系やシトラス系の香水がおすすめ

見た目👀

厚みのあるボトル

どの角度から見ても美しく、持った時には重厚感が手に伝わってきます

誰にでも好まれる

スタイリッシュなデザイン

ラベルには香水の名前がゴールドで印刷されていてラグジュアリーな雰囲気

ボトルのキャップは丸みを帯びたシルエットで、上品な金属製

キャップもしっかりとした重さがあり、ボトル全体のバランスを保っています

ボトルは持ちやすく、開け閉めするときの手触りも◎

おすすめな人👶🏻

個性的でユニークな香りをつけたい人にぴったり

特に芸術に興味があり、

自分のスタイルを持っている人に

自分の個性を引き立て、洗練された雰囲気を演出できます

ユニセックスな香水ですが、どちらかというと女性的です

シンプルで軽めの香りが好きな人には向かないかも

パウダリーな香りなので、上品な40代の女性がつけるのが似合う香りな気がします

おすすめシーン🌟

デート、美術館へのお出かけなど特別なシーンで使うのがおすすめ

自分だけの特別な香りとして使ってみて

買ったとき、店員さんから2プッシュで十分と聞きました

長時間香りが持続するため、どのシーンでもつけすぎには注意してください🌟

秋や冬にぴったり

涼しい季節にナンシェの温かみのある香りが引き立ちます

秋・冬の香水の付け方について詳しくはこちら

香りの持続時間

持続時間は非常に長く、一日中香りが持続します

お風呂上りにつけて、

次の日の夜まで薄く香ります

腕や首筋に軽くつけるのがおすすめ

ふわっと香らせるコツはこちら↓

まとめ

ナンシェパウダリーなお花の香りです

ぜひ使ってみてください

他のNishaneの記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました